仕事でミスをしやすくなる|治療が難しいうつ病の症状はプロフェッショナルに相談

治療が難しいうつ病の症状はプロフェッショナルに相談

仕事でミスをしやすくなる

医者

日常の準備に時間が掛かる

うつ病は、性格や気質などで罹りやすい要因を持たれている人も存在しますが、過度なストレスが掛かったり、睡眠不足が続いたりすると、誰でも罹る可能性がある病気です。うつ病に罹ると、気分が沈んだ状態が長く続き、洗面や歯磨き、着替えなども、準備に時間が掛かるようになります。憂鬱な気分は午前中に強く感じる人が多く、夕方から午後になると、少しずつ改善する人が多いです。うつ病の症状には、意欲の低下や興味の喪失などもあり、以前は楽しんでいた映画や読書、スポーツなどが楽しめなくなり、部屋に閉じこもりがちになる人もあります。男女共に食欲や性欲が減退しやすいです。うつ病の症状では、食欲が低下して、体重が減少する人が多いですが、逆に過食気味になり、体重が増加するケースもあります。家族に変化が見られたら、早めに精神神経科を受診させる必要があります。うつ病は脳の病気なので、集中力が低下して、仕事や家事でミスをしやすくなり、職場や家庭では、ストレスを感じている人がほとんどです。うつ病は中高年以降の男女に多い病気ですが、思春期の年代の人や、20代の若い人も発病する可能性があります。うつ病の症状によく見られるのは、睡眠障害があります。夜は寝つきが悪くなったり、早朝や夜間に覚醒がしやすくなったり、睡眠の質が低下して、昼間に眠気を感じている人も多いです。睡眠障害が見られる場合は、精神神経科に通院をすると、最初は弱い薬を処方してくれるので、しばらくは続けると良いでしょう。気分の落ち込みを強く感じている時は、イライラしやすく、温厚な性格だった人が怒りっぽくなることもあります。趣味や娯楽が楽しめなくなっている時は、活動力が低下しているので、無理に外出に誘うと、疲労感を感じやすく、症状が悪化することがあります。うつ病の家族が外出をしたがらない時は、無理に誘わないほうが良いでしょう。うつ病に罹ると、涙もろくなったり、愚痴っぽくなったりする人もあります。40代以降の年齢の場合は、更年期障害と間違えやすいので、注意をして下さい。うつ病の症状は本人には大変辛いですし、学校や職場に通えない人は、強い罪悪感を持っています。学校や職場に通うのが難しい場合は、一時的に休学や休職をさせて、治療に専念させることが大事です。病院やクリニックでは、抗うつ剤や睡眠導入剤などの投薬による治療が中心になりますが、認知行動療法や音楽療法を受けることで、辛い症状が改善するケースも多いので、早い段階から治療を始めて下さい。

Back to Top